転居をすることが決まった際に該当するのが単身か世帯かで引っ越しの中身は大きく変わってくることになります。
転居する人数は少なければ少ないほど運搬する荷物はそれだけ減るということなので、荷物を運ぶために大きなトラックを必要としないため、車軸費用もかなり節約することができます。

進学や社会人になることをきっかけとして一人暮らしを始める人が多いため、転居の計画を立てている人の中にも単身での引っ越しを予定している人がいると思います。
その場合は単身プランを用意している引っ越し業者を比較して依頼するところを選んでいくことをおすすめします。
ちなみに単身プランで引っ越し業者を比較した際に大手の業者であれば費用は高くても5万円程度までですが、閑散期よりも繁忙期の方が費用は1万円前後高くなっているため、少しでも安く済ませたいなら時期も考える必要があります。

また、赤帽のような個人で行っている配送会社に荷物を運んでもらうのを依頼するというのも方法としてありますが、この場合は費用が1万円以内で荷物を運搬してもらうことができることもあるので、かなり大幅な節約に繋がる場合があります。
ただし、個人の引っ越し業者に依頼する場合は大手と比較してサービスの質にばらつきがあるという点やスタッフが他にいるわけではないので、荷物の積み下ろしは自分で行う必要があるなどデメリットの部分もあります。
いずれにしても事前に希望する条件から比較しておくことが大切になります。