引っ越し業者を比較する際はどれくらいの規模の転居になるかということを想定した上で比べることが大切です。

引っ越しにかかる費用というのは規模に応じてかなりのばらつきがあり、2人の転居であればA社よりもB社の方が安いのに、4人での転居になるとA社よりもB社の方が高いというようなことも珍しくありません。

また、単身での転居と違って世帯規模での転居になってくると荷物量もかなり増えてくるため、より平均的な相場から実際にかかる転居の費用が大幅に変わってしまう可能性があります。

世帯単位で大まかにかかる引っ越しの費用は7~15万円くらいで、閑散期と繁忙期を比較した際に費用の差が3万円を超えるところもあるので、必ず引っ越し業者を比較する場合は時期を考慮した上で比べる必要があります。

また、世帯での引っ越しに定評があるのはアリさんマークの引越社やサカイなどの大手ですが、荷物が少ない単身の場合は個人業者に依頼するというのも方法としてあるものの、規模が大きな世帯での転居になってくると荷物量がかなり多くなって個人の業者では限界があります。

また、世帯での転居だと大きなトラックが必要となり、大きな荷物を運ぶ際はスタッフの能力などが大きく関係してくるので、より教育がしっかりされているところを選ぶ必要性が高くなります。

オプションサービスを賢く利用することで総費用を抑えることができるので、必ず基本料金だけでなくオプションも加味して比較するようにしましょう。